冬だからこそ。ダーニング会 その1

冬だからこそ。ダーニング会 その1

てとて ×東北巧芸舎
冬のダーニング会
〜Opalの毛糸を使って〜

12月1日(日曜)11:00〜14:30
※カフェ&小さな手仕事市オープン 10:30〜16:00
会場 東北巧芸舎 喫茶&工芸 とちの実(滝沢市柳沢1368-32)
参加費 2000円(キーマカレーセット、コーヒー付)
講師 くどうせつこ(刺繍家)

お問い合わせ&申込 019-688-2968(とちの実)
090-4476-3255(てとて/井上)
tetote_inoue★yahoo.co.jp ※★→@


あちこち行って、あれこれ語りあって。
そんな日々を過ごしています。
ワクワクする一方で、果たして形にできるかの不安も。
積み重ねること。感謝すること。
それに尽きるなあ。

*******

12月1日もいよいよ迫ってきました。
東北巧芸舎さんと一緒に始めた「ダーニング会」、
今シーズンは、はじめての開催となります。

「何やるの?」ってかたもいらっしゃると思うので
どんな体験ができるかをご紹介。

近年、雑誌やメディアでも取り上げられているダーニング。
ヨーロッパで古くから行われてきた衣類の補修法です。


代表的なのは靴下の穴あき。


こんな風に色糸(毛糸)を自由に用いて
「つくろいあと」も美しく補修してしまいます。

やり方は、そんなに難しくはないのですが
百聞は一見にしかず。
刺繍作家として活動しているくどうせつこさんと一緒に
ダーニングを体験していただけます。
わからないことはその場ですぐに聞けるし、
使う材料はこちらでご用意。
好きな糸で、ダーニングの基礎を学ぶことができます。

しかも今回使うのは。。。


色の美しさで知られる、ドイツ生まれの毛糸Opal。
同じ色がひとつもないと言っても過言ではないと思うような
色のバリエーション。しかもひとつの毛糸玉で
編み進めるうちに全く違う色が出てくる不思議。

こちらをご用意してくれるのが
花巻市にある「田葉子屋」さん。ニット好きには知られた
梅村マルティナ気仙沼FSアトリエ株式会社」が扱う
Opalの毛糸を扱う、県内ではゆいいつのお店です。


お店には、毛糸はもちろん様々な編み物道具や
作品もずらり。見ているだけでワクワク。

しかも、今回は、
田葉子屋さんが滝沢に出張して
イベントに参加!
普段はお店に行かない商品などを
実際に販売してくださいます!

ダーニングはもちろん
毛糸や編み物道具、ニット製品など
冬を楽しく、カラフルに彩る様々なモノが
集まります。

お買い物に、
そしてカフェでのひと時を楽しみに
お気軽にお越しくださいませ!

 

 

 

 

© 2015-2019 てとて. All rights reserved.