ゆいてとて2019、カウントダウン18日。

ゆいてとて2019、カウントダウン18日。

ゆいてとて 2019
いわての食べごと〜ごはんのある風景
2019年10月19日(土曜)・20日(日曜)
10:00〜16:00
at ゆい工房 ゆいの蔵(滝沢市巣子1162-6)

まずは「ゆいてとて」について。

「ゆいてとて」は、より良いモノ選びを通して
暮らしを考える場づくりを目指し、
2016年から滝沢市の「株式会社ゆい工房」さんの「結の蔵」を会場に、
毎年10月中旬に開催してきたイベントです。

作り手を招いたうつわや生活道具の展示&販売のほか
ワークショップやマルシェなど、築100年の趣きのある結の蔵の、
中も外も使って、食べることや作ることを楽しめます。

毎年違うテーマで開催しているのですが
今年は昨年に続き「食べもの」をテーマに開催。
ド直球「ごはん」にまつわるあれこれを集めておりますよ。


まずは、ワークショップのご紹介。
毎回、さまざまな方をお招きしてお話を聞いたり食べたり、
そんな気のおけない語らいの場を提供してきました。


葛巻の木の達人、外久保蔦男さんとスプーンづくりや


遠野市で体験民泊を提供する、山田千保子さんの
「ていねいな暮らし」のお話会

個性的な活動をしている方と出会い、
そのお話に刺激をもらえるワークショップを重ねてきました。

そして、ことしは…

盛岡市内丸、桜山神社にほどちかい場所にある「背負子 Shoico」さんが、
初めてのワークショップを行ってくださることになりました!

Shoicoは、食にまつわるあれこれを集めたお店。
店主の吉田さんが納得してえらんだ食品や雑貨、そして素材の力を引き出した料理が味わえます。定番のカレーやズッパなど、心を込め手をかけたお料理を
食べるたび、お腹の中からじんわりと温まってくるような感じを覚えます。
うん、よい食事は、よいからだとこころを保つものなのだな。

吉田さんはなによりも日々の食事を大事にするひと。
お店で出すお料理はもちろん、ご自身の食べるまかないにも思いがあふれて
いることは、ウェブサイトからもわかります。

そんな吉田さんに、食べるの基本についてお伺いしてみたい…。

妄想は実を結び、10月20日(日)のワークショップが実現しました。
この日一日限りのワークショップです。


「Shoicoのまかない ごはん編 お汁編」

10月20日(sunday)

ごはん編 11:00〜12:30
お汁編 
13:30〜15:00

ごはんとお汁(味噌汁)は日々の食の基本。
でも、家庭ごとに受け継がれたやり方やくせや、
さらにはテレビや雑誌で見かけた情報までもが加わって
作る人によってこれほど変わってしまうのか?ということがあります。
そんな思い込みを、一度リセットしてみませんか。

「ごはん編」では
お米の選び方や、美味しいおむすびの心得、
冷たいごはんや漬物のことなどを、ごはんが炊ける時間を見計らいつつ
井戸端会議風にやりとりしながら、おいしいごはんを味わいます。

「お汁編」では
出汁をとる?とらない?や、野菜の力を信じるなど
毎日の基本となる味噌汁について考え、そして味わっていただきます。
本当においしいものはシンプルということを実感できるはず。

どちらも、その場で吉田さんがつくるおいしい試食つき。
「ごはん編」「お汁編」を通しで受講すれば、
お腹もいっぱいになりそうです。

「Shoicoのまかない ごはん編 お汁編」へのお申し込みは
メールでも受け付けております。
tetote★inoue@yahoo.co.jp(★→@)

日々のごはんはとてもだいじ。
でも、もっとシンプルでいいんだよ、そしてもっと楽しんでいいんだよ。
Shoicoさんのワークショップが
そんなことに気づくきっかけになるかもしれません。

お申し込み、お待ちしております!

© 2015-2019 てとて. All rights reserved.