食べごとマルシェ1。〜ゆいてとて 2018

食べごとマルシェ1。〜ゆいてとて 2018

私事ですが、
盛岡で発行されている情報紙「マ・シェリ」さんで
4年ぐらい前から「食のほそみち」という
コラムを書かせていただいています。

流行りのグルメや人気の○○○○ではなく
岩手で昔から愛されている食べ物を紹介しています。
いきおい、だんごとか饅頭とか茶色い食べ物とか
そんな地味目なものばっかりです^_^;

選ぶ基準は、意識してはいないけれど
疲れたときや悲しいときでも、
食べると少しだけやさしい気分になれる食べ物かな。
元気を与えてくれるというよりは
気持ちを柔らかく、温かくしてくれるもの。

——————————————

ゆいてとて にも、
そんな「温かなお菓子」が並びます。


しっとりと程よく甘いつぶあん。
やさしい小豆の風味が生きるおはぎ。

半分に割ってみると、
中のご飯に黄色いツブツブが。
あわが入っているのです。

こちら、葛巻町で地域に根ざした食べ物を
作っている「みちくさの驛」さんで人気を誇る
雑穀おはぎです。
大きさは、大人の女性の片手に余るほど。
なかなかのボリュームですが
やさしいあんこの甘さと雑穀入りご飯のプチプチが
口の中で楽しくて、ペロリと食べてしまいます。

そしてもうひとつ。

豆の風味がとにかくおいしい、豆しとぎ。
茹で豆を潰して粉や砂糖と練り合わせただけですが
とにかく昔っから好きでしてねえ。
マシェリさんの連載でも、早い時期に登場させました。
普通は青豆のみですが
「みちくさの驛」さんには、青豆と黒豆の2タイプあります。

————————————

日持ちがしないため、
あちこちのお店に並べられない
雑穀おはぎと豆しとぎ。
今回は、このふたつの郷土菓子も販売いたします。
また、1階の結カフェで食べることもできますよ!

その素朴な風貌とは裏腹に、
小豆を炊いたり豆を煮たりと手がかかるお菓子たち。
店先でも見かけず、また家庭で作る習慣も
今はどんどん失われていると感じます。

大切に、大切に
食べて繋いでいきたい、岩手のお菓子です。

どうぞ、20日と21日の「ゆいてとて 」で
お試しくださいね!

© 2015-2018 てとて. All rights reserved.