ゆいてとて2021情報、3。

ゆいてとて2021情報、3。

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

ゆいてとて 2021
今こそ、暮らしを楽しむ2

2021年10月2日(土曜)・3日(日曜)10:00〜16:00

会場 ゆい工房 ゆいの蔵(滝沢市巣子1162-6)

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

引き続き、蔵2階での企画展「「手しごとのちから」から、
ご参加いただくつくり手さんをご紹介いたします。

今回のポイントは、うつわが充実しているコト。
懐かしい方も、新しいつくり手さんもいらっしゃって
元祖うつわバカとしてはホクホク気分です^_^

 

おなじみの、小久慈焼さん。
掛け分けのスープカップほかいろいろ。



宮城県で作陶する「やきもの立(りゅう)」さん。
てとてとのコラボ作「MOKKA」もフルラインナップで
並ぶほか、新作も登場する予定です。

県内外にファンの多い「陶工房里一」さん。
三島手や安南風、かと思いきやモダンな皿まで
自由自在なものづくりは昔から。

昨年から参加くださっている「beige」さん。
原毛の色と質感を生かしたホームスパン作品ほか
10月3日(日)には、糸紡ぎや織りのお仕事で
使っていた道具などを集めたフリマも開催するとのこと!


紫波町で作陶する「りん工房」さん。
東北では珍しい磁土100パーセントのうつわです。
焼き方の違いから生まれる色合いの違い、
そして故事や歴史にヒントを得た絵付けなど
他にはない雰囲気を持っています。


色鮮やかで可愛らしい釉薬を使ったうつわから
呉須の大胆で力強い絵付けまで、
さまざまな顔を持つ、紫波町のsaasa工房さん。
沖縄で修行した、ろくろ使いの達人でもあります。

注意!

ご紹介に使用している写真は、
以前のもので、現在の作品とは雰囲気が違う可能性が
あります。どうぞご理解くださり、
当日にお披露目される新作を楽しみにしてくださいませ!

© 2015-2021 てとて. All rights reserved.