一関、HIRASAWAのこと2。

一関、HIRASAWAのこと2。

10日のイベントレポートの続きです。


ウッドデッキ組、てとてと同じタープに入っていたのは
千厩にてうつわづくりをしている
「工作室みやこざわ」都澤佐岐さん。


司荘時代から作品をお預かりしていましたが
ご本人出店につきフルラインナップ。
屋号のごとく「工作」って感じで楽しいうつわ。


「いいコケがあったので」とうつわにオン。
不思議な存在感にみんな反応していました。
この感性が、都澤さんのオリジナリティなんだよなあ。


そして、てとてはこんな感じで。

11時のオープン直後は、信じられない青空。
お客様もいつもより早い出足とのことで
「おー晴れ女がいたね〜」などと喜んでいたのですが。

お昼過ぎ、天気は一転。
ほんの10数分だったとは思いますが
すんごい土砂降りに見舞われました(泣)

とにかくウッドデッキ組は、作品が濡れないように必死。
それでも、端っこは濡れてしまったものもありました。
私も布ものは胸に抱えて嵐が去るのを待ちました。


そんな中、ヒラサワさんからはうれしい差し入れも…
ピーナツ入りのカレーピラフT_T
美味しかった…ただただ美味しかった…

ということで、ウッドデッキ組にはなかなかの
試練が訪れておりましたが(笑
ヒラサワさんの店内はにぎわっておりましたよ。

次回は、ランチやワークショップのようすを
レポートいたしますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − eight =

© 2015-2021 てとて. All rights reserved.