出張てとて、こんなの出ます(布小物)

出張てとて、こんなの出ます(布小物)

大変ご無沙汰しておりました。
てとて「ちくちく部」部長、やんです。
いよいよ明日(!)となりました、岩泉町の「子どもフェスタ」。
「出張てとて」ということでお外に飛び出すわけですが、いつもの器などに混ざって、私の布小物も出品させていただきます。
袋もの3種類です。
まずは、「あずま袋」。(ひどい写真ですみません)
0906azuma_fukuro_s.jpg
手ぬぐいで作った小ぶりのもの3つ(写真のもの。奥の方の中身はボックスティッシュ)、大根でも長ネギでもどんとこい! な大きさの、裏地付きのが1つ。
あずま袋は、風呂敷や手ぬぐい等を使って作られていた、日本で古くから使われていた袋ものです。結んだ部分が持ち手になります。
手ぬぐい地のものは、生地がやわらかくコンパクトに畳めるので、エコバッグとして鞄に入れておくと便利ですよ〜。
汚れてもささっと洗って干せばすぐ乾くのも、手ぬぐい地のよいところ(色落ちするかもしれませんので、手洗いをおすすめします)。
そして、レース地と天然素材の持ち手を使ったころんとした形のバッグ。
0906take_bag_s.jpg
レース地なので夏向きのもののような気もしますが…秋晴れの空にも似合うかと。
こちらは、持ち手が2種類あります。内ポケットもついていますよ。
個人的には、レース地と裏地の組み合わせがかなりツボです。むふふ…。
そして、おしゃまなお嬢さんに持ってもらいたいと思って作った、ミニトートバッグ。
0906totebag_s.jpg
大人が持っても差し支えないのですが、持ち手が小さいのでキッズ用ということで。
ペットボトルなど重いものを入れると持ち手が保たないかもしれませんので、ハンカチ、ティッシュ、お財布、携帯を入れる感じでしょうか。
こちらはサイズが小さいので、内ポケットはついていません。
本当はもっともっと作りたかったのですが…夏はちくちくに向いていないんですよねぇ。
汗で指がじっとりするので、布や針がうまく扱えないのです。早く涼しくなれー!
それでは、岩泉へぜひおこしください!
【ちくちく廃人一歩手前の、やん】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve − eleven =

© 2015-2020 てとて. All rights reserved.