気仙茶、もみました。1

気仙茶、もみました。1

7月21日の「気仙茶でつくる手もみの新茶」を翌日に控えた20日。
私はお野菜市の当番をしながら、電話を待ちわびておりました。
そしてお昼過ぎ、念願の朗報が!
「茶葉、少ないけど、なんとか摘むことができました〜!」
陸前高田の茶園にいる、しゃおしゃん@前田千香子さんからでした。
内陸盛岡で生のお茶の葉の手もみをするために、
前日、千香子さんたちは陸前高田へと行っていたのです。
しかし数日前から、沿岸はあいにくの雨模様でした。
一般的に雨の降る中でお茶摘みをすることはありません。
繊細なお茶の新芽を雨の中で収穫すれば
その後の製茶の品質も損なってしまうからです。
それでも、小雨の止み間を縫ってお茶の葉は摘まれました。
天候不順も加わって、思うように成長していなかった
こともあり、収量はわずか200グラムほど。
kesentya20.jpg
これが、前日に摘まれた気仙のお茶の葉。
長旅で(?)ちょっとシナっとしていますが、
すうっと伸びた葉先、艶のある表面が目につきます。
kesentya21.jpg
お茶は伸びた芯と2〜3枚の葉を摘み取るのだそうで
「1芯2葉」や「1芯3葉」がいいのだそうです。
手じゃなきゃ、こんな摘み方できません。
kesentya22.jpg
そして午前の回は、7人のみなさんが参加。
初めての方、以前の気仙茶ワークショップに参加された方もいます。
最年少は4歳のSちゃん。お茶が大好きなんだそう。
kesentya23.jpg
まずは、千香子さんが入れてくれる気仙茶で
ゆったりとしたひとときを。
この作法を見ているだけでも気持ちが落ち着きます。
kesentya24.jpg
一煎目をじっくり、味わいます。
うん、やっぱりおいしいね。
千香子さんのお茶会ならではの、
ゆったりと心地いい時間が流れていきます。
が。
このあと、大汗かきの茶もみが待っていたのだった…(笑
【つづく】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − 7 =

© 2015-2020 てとて. All rights reserved.