オヤ体験でよみがえる記憶。

オヤ体験でよみがえる記憶。

ひょっとして、迷っている方がいるかもしれません。
トルコの伝統レース「オヤ」を作るワークショップに
参加してみるかどうか
を。
理由としては、たとえば…
「かぎ針編みは小学校のときやったぐらい」とか。
「何目飛ばして拾って、とかがよくわからない」とかとか。
その気持ち、よーくわかりますよ。だってワタクシが、
まさに↑のヒトなのですから…^_^;
ワークショップに先駆けて行った、mikaさんとの打ち合わせ。
まずは百聞は一見にしかず、やってみることになりました。
…わたしも。わたし、も???
oya4.jpg
道具はほんとシンプル。
使うのはこの、レース編み用の針1本です。
オヤは使う糸が細いので、針も12号と細いものを使用。
好きな糸を選んで、さっそく挑戦。
初めてオヤ糸を触りましたが、日本のモノよりしっかりしてる。
きっちりと細かく、編み目を作っていく糸なんですね。
まずはなが編みで○目作って、○目先を拾って…などなど、
手を動かしながらmikaさんが教えてくれます。
慣れない針、慣れない糸にもちろん最初は苦戦です。
それでもふと、「ああ、なが編みってこうだったっけ」という、
頭より指が反応して動いてくれる感覚がよみがえってくる。
絡めて抜いてひと目作って、もうひと目、ひと目…。
手元に集中して、指の動くリズムに合わせて布目を拾っていく。
この「無心になる感覚」、久しく忘れておりました。
oya5.jpg
体験はほんの10分程でしたが、
なんか、ジワジワとよみがえってくる記憶がありました。
ちなみにコチラの写真は、mikaさんがささっと縫ったもの。
ワタクシのは恥ずかし過ぎて、お見せできません…
ただ、個人的に「あと10分やればサマになりそう」な手応えはありました。
ははははは。
参加を申し込まれた方の中にも
「今、カギ編みを練習中です〜」という方もいらっしゃいます。
(Oさん、がんばって〜!)
百聞は一見にしかず!何事もまずはチャレンジあるのみ。
「やってみたい」という気持ちがあれば、
なんとか、なる…はずです!!
***********************************************************
参加者募集中。詳しくは下へお問い合わせを
10月26日(土) 
トルコの伝統レース「オヤ」入門レッスン
トルコの糸とかぎ針を使ってコースターを作ります。
「細編み」「長編み」ができる方なら大丈夫です。
①10:30~ ②13:30~ 参加費/2,500円 ※お茶とおやつ付き
申し込み&問い合わせ先
tetote_inoue☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えてお送りください)
***********************************************************
【老眼鏡は必須だな イノウエ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × three =

© 2015-2019 てとて. All rights reserved.