パンケーキを作りましょ!その2

パンケーキを作りましょ!その2

 今回のパンケーキ、主役は甘酒です。
P10100a2.jpg
 ん?甘酒って、酒粕を水で薄めて、砂糖を入れて飲むアレ?
 いえいえ。最近、注目されている甘酒は、米と米麹を原料とした発酵食品。
 スーパーでもよくみかけるようになりましたね
(あの塩こうじブームほどではないにしても…)。
 甘酒は、味噌や醤油のように日本で生まれた発酵食品で、
 アミノ酸たっぷり。夏バテにもきく飲み物として、
 江戸時代には甘酒売りが街を回っていたそうです。
 ※別名「飲む点滴」とまでいわれてますが、けっこうキョーレツな表現?^^;
 それだけ栄養価が高いということで…。
 見た目はとろっとしていて、ごく自然な甘さ。
 砂糖や蜂蜜のようなハッキリとした甘さとは違い、
 かすかな麹の香りと米のやさしい甘み・うまみがじんわりと広がります。
 お菓子を作るとき砂糖がわりに使うと、甘みと口あたりがやさしくなります。
 肉や魚を漬け込んで焼くと、身がやわらかいのに
 うまみがぎゅっと凝縮した味わいに。
 一度使ってみると、ハマってしまうのです!
 
 16日開催の「生地を味わうパンケーキ」では、
 小麦粉に甘酒を加えた本当にシンプルで、やさしい甘さのパンケーキを紹介します。
 ほんとにそれだけで「ケーキ」になるの?
 卵を使ったり、砂糖を入れるからお菓子だよね。
 私、福猫堂もそう思ってました。
 実際に焼いてみたら、焼きたてはしっとり・ふわふわ。
 冷めると弾力が増してムチムチ。こりゃもうオドロキ!です。
 P1010009.jpg
 もちろん、卵やバターを加えたリッチなパンケーキとは違い、
 豊かな風味ではないのですが、何枚食べても食べ飽きない。
 いやむしろ、ムチムチなので1枚でお腹いっぱい(笑)
 主張する風味ではないかわり、アレンジもいろいろきくのが楽しいのです。
 何より、発酵食品のおもしろさ、
 日本の食の奥深さを感じてもらえればな〜、と思ってます。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven + 2 =

© 2015-2018 てとて. All rights reserved.