千香子さんの工房にて。

千香子さんの工房にて。

「焙茶工房しゃおしゃん」さん訪問の続き。
打ち合わせをして、気仙茶を飲ませていただいたあと、
仕事場のなかをぐるりと拝見してきました。
shao4.jpg
台湾でお茶の勉強をしてきた千香子さん。
仕事場のなかにも、見知らぬ道具がいっぱいです。
こちらも台湾で使われている茶づくりの道具のひとつ。
茶葉を移し替えるときなどに使うそうです。
竹の編み組みに見えるけど、竹よりはるかに伸縮性がよい。
shao5.jpg
こちらも、台湾で使われている茶葉の焙煎機。
日本のと違い、ゆっくりと温度を上げていくことができるそうで
この日も、前日から焙煎をしている茶葉が中に入っています。
shao6.jpg
「開けてみましょうか?」と千香子さん。
ええええー?いいんですか???
そしてご開陳。おおお〜焙煎機のなかはこんなになっていたんだ。
焙煎とは、単純に水分を飛ばすという行程ではありません。
じっくり火を入れることで、茶葉から余分な水分が抜けていくと同時に、
その奥から「旨味」のようなもの(表現が難しい…)が現れてくるといいます。
「焙煎はお茶の葉の治療」
台湾では、そういう風に言う人もいるのだそうです。
千香子さんのお茶を飲んだ瞬間から感じるあの「爽やかさ」は
こんなところにあるのかもしんないなー。
*****************************************************************
「焙茶工房しゃおしゃん」さんに聞く、
気仙茶のこれまでとこれから
現在、参加者募集中です。
みなさんのご参加を、お待ちしております。
申し込み&問い合わせ先
tetote_inoue☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えてお送りください)
【イノウエ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four + eighteen =

© 2015-2018 てとて. All rights reserved.