まずは展示から。〜ゆいてとて 2018

まずは展示から。〜ゆいてとて 2018

田んぼの黄金色がゴワンゴワンと刈り取られて行きます。
ゴワンゴワンは美味しい新米の音みたいなもの。
食いしん坊には、幸せな季節でございます^_^


さて、10月20日、21日、今年で3回目となる「ゆいてとて 」
今年も楽しいモノヒトコトを集めて開催いたします。

イベントは、ゆいの蔵の構造に合わせて3部構成。
まず、蔵の前庭には「出張屋台」が登場。
そして蔵の1階のゆいカフェでは、お菓子と器のコラボカフェが登場。
蔵の2階では、生活の道具の作り手さんの展示スペースと
日替わりでワークショップ
を行います。

——————-

まずは2階の催しから。

展示スペースでは
企画展「食べごとのうつわ」を開催します。

まずは、おなじみの作り手さん。

安孫自然塾 外久保蔦雄さん
竹のめぐみ 柴田恵さん
漆工房朱楽 佐々木暢子さん
風蔵 下天广地歩さん


外久保蔦雄さん(里山フェスタより)


柴田恵さん(ゆいてとて 2017より)


佐々木暢子さん(ゆいてとて 2017より)


下天广地歩さん(里山フェスタより)

確かなものづくりのわざと、作ることの楽しさを
合わせ持った、私も大好きな作り手の皆さんです。
今年も変わらず、ご参加いただけることに幸せを感じております。

ここに、新たな作り手さんが加わってくださいます!


磁器工房タカハシ 高橋宏彰さん。
九谷の人気作家さんの元で修行ののち
奥州市に窯を構えた高橋さんは、東北では
とても珍しい磁器の作り手であり、呉須と色絵の名手。


紫波町に窯をかまえる平澤春美さん。
磁器の呉須絵付けをはじめとしてざっくりと釉をかけた
土物まで作ってしまうオールラウンダー。
(写真は「小岩井クラフト市」より)

—————————-

今回のテーマは「お菓子」。
それに似合ううつわをとお声がけした面々です。
漆器、あみ組み、木の器、
それに磁器に土物にとバラエティ豊かなラインナップ。
自他共に認めるうつわバカの私、
ラインナップには自信があります!(笑

作品の一部は、1階の「ゆいカフェ」にて
実際に使ってもらえます。
美味しいお菓子と美しいうつわ、
そんな幸せなひと時をお楽しみくださいませ!

引き続き、2階の催しを紹介して参ります。
ほほほほ、ワークショップもお菓子まみれですよ!

© 2015-2018 てとて. All rights reserved.