山田さんお話会の参加者限定、限定スイーツあり〼。

山田さんお話会の参加者限定、限定スイーツあり〼。

北海道から初雪の頼りが届きました。
岩手山も、八幡平側には白い雪が残ってました(10/13日)。
田んぼが次々に刈り取られていくのをみながら
来たるべき冬に備えなくちゃと思う今日この頃です。
風邪など引かずに、元気に冬を迎えたいですね!

————————

10月21日(土曜日)の午後1時からは
遠野市在住、古民家で暮らす山田千保子さんのお話会。

「古屋弥右衛門」と名付けた古民家での暮らしは、
私たち女性がお手本にしたいことばかり。
古きよき時代の道具の暮らしへの取り入れ方、
あるいは本当に「いい」と思う道具の選び方や向き合い方。
衣食住に関する山田さんなりの美意識がぎゅっと
込められています。

そんな暮らしのエッセンスの一端を
ご披露いただくのが、今回の結の蔵でのお話会。
長らく仙台で暮らしていた山田さんが、
遠野の山間で一軒の古民家に出会い、どうやって住人になったのか。
運命や偶然は確かにあるけれど、
重要なのは、それをこの手にしっかりと掴めるかどうか。
生活というのはやはり、自分の手で創り上げていくものなのだと
山田さんとお話ししているといつも感じます。

これでいいのかな、
今の状況をなんとかしたい…
なんでうまくいかないんだろう?

そう思うときもいっぱいありますね。
そんな時に相談出来る「先輩」がいれば
毎日はもっと楽になると思うのです。
山田さんは間違いなく、そんな「先輩」のひとり。

お話会の最後には、みんなで話し合う時間も
設ける予定です。
日頃思っていること、感じていること
いろいろな思いを話せたらなと思っています。
もちろん話したくなければ聞いているだけでいい。
たぶんそれだけで、結構な元気をもらえると思います。
どうぞ、お気軽にご参加ください。

———————

そしてお話会に参加した人だけに
スペシャルなお菓子をご用意することができました!

一関市赤荻の山間にある、知る人ぞ知るカフェ「風聞園」。
こちらでのみ焼き菓子を提供している「ほころび堂」さんに
今回のお話会のためのお菓子をお願いしています。

シンプルで、でも素材の味を感じられる
食べた瞬間に笑顔になるような「ほころび堂」さんのお菓子。
お話会のテーマ「暮らしと手仕事」に合わせて
料理に欠かせない「さしすせそ」で
お菓子を考案中とのこと。

私も激しく楽しみにしている「ほころび堂」さんの
お菓子とともに、お話の時間を味わってみてください!

当日参加もOKですが、
事前にご予約いただければうれしいです。

お申し込み、
お待ちしております〜〜〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × one =

© 2015-2018 てとて. All rights reserved.