直感のひと、山田千保子さん。

直感のひと、山田千保子さん。

日曜日の朝、テレビを見ていたら糸井重里さんが出てました。
「株式会社ほぼ日」の成功の秘訣(?)みたいなテーマでしたが
ワタクシは糸井さんが69歳であったことと(60そこそこと思っていた)
ほぼ日の「今日のダーリン」が、サイト開始の19年前から
「ほぼ」どころか「毎日」更新されていることに衝撃を受けました。

頑張らねば、と思いました。
そして、まだまだ頑張れるかもとも思いました。
…なにを頑張るかが、大事なんですが。

今は、10月の「ゆいてとて」に全力投球でっす^_^

—————-

さて、「ゆいてとて」とはどんなイベントなんぞや?

1:確かな技をもった作り手の作品を手に取って買うことができる。
2:作り手によるワークショップとお話会という、参加出来る催しもある。
3:蔵のカフェと蔵の前庭でおいしい食べ物や飲み物を楽しめる。

という、3つの「楽しみ」を楽しめるイベントとお考えください。


▲昨年行われた「お話会」のようす

ふら〜と来ていただいても楽しいことがきっとある。
でも、もう一歩踏み込むと、出会いや発見という
よりインパクトあるお楽しみがある。
それが、「2」のお楽しみ、ワークショップとお話会です。

まずは「お話会」のスピーカー、
今年はなんと、遠野市在住の山田千保子さんが来てくれます!

昨年まで遠野市で行われていた「ていねいな蔵し」という
イベントをご存知の方も多いでしょう。
岩手県内で活躍する個性的ですてきな作り手やモノが
毎月1回、山田さんの暮らす古民家「古屋弥右ェ門」につどう、
本当に素敵なイベントでした。

今年は「ていねいな蔵し」はお休みでしたが
そのぶん春からの半年間、
NHK文化センター盛岡で講師をつとめてらっしゃいました。

—————-

私にとっての山田千保子さんは
迷ったときや不安になったとき、笑顔と言葉で励ましてくれる人。
彼女に「大丈夫よ!」と言われると、力が湧いてきます。
常にポジティブで、大きなパワーを持った方です。

「私のもの選びはすべて直感。次に何をしたいかも、
自分がいけると思ったら直感に従って始めます」。

山田さんへインタビューしたときにいただいた言葉です。
大事なのは自分、自分を信じることで道を拓いてきた方だと思う。

もうひとつ、彼女の発した言葉で
ワタクシの座右の銘となっているフレーズを…。

やってもやらなくても死ぬんだから。

ド直球。
ですが、これにはガーンとやられました^_^;
やりたいことやらなくてもいずれ死んじゃうんです。
でもどうせなら、やりたいことやってから死にたいよワタクシは。
私の「今」はこの言葉で支えられていると言っても
過言では御座いません。

—————-

そんな山田さんのお話会。

日々の過ごし方の中にキラリと光る
アイデアや発想を、目利きでもある山田さんが
選び抜いた生活道具やクラフトと一緒に
ご紹介してくださいます。
山田さんを囲んで車座になって
日々のこと、手仕事のこと、
あれこれ尋ねてみませんか。
おいしいお菓子とお茶もご用意して
終わったあとには
「もっと日々をていねいに暮らしてみよう!」と
前向きな気持ちになれるかもしれません。

 

—————-

お話会は、事前予約を優先しております。
てとて 090-4476-3255
Mail tetote_inoue★yahoo.co.jp (★→@にして下さい)
https://www.facebook.com/tetoteiwate

みなさまのお申し込み、
お待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × four =

© 2015-2018 てとて. All rights reserved.