ヒラサワさんでスウプアソビ。

ヒラサワさんでスウプアソビ。

さて、スウプアソビの第2弾を一緒に楽しんで
くれることになった
HIRASAWA F MARKETさん。

お店があるのは、一関市の中心部から千厩町方面へ国道284号を
車でおよそ20分ほど走ったあたり、
弥栄(やさかえ)という、昔ながらの田園集落の中にあります。


地域にあった古くて大きい直家(すごや)を
店主の熊谷さんほか地域のみなさんでリノベしたのだそう。
窓越しに見えるライトに、わくわくします。


エントランスは気持ちのいいウッドデッキ。
イベントの際には、こちらも会場に使用されます。


店内は、以前の柱などをうまく活用しつつ
ペイントやインテリアで雰囲気のある空間になっています。


フードで使っているお野菜の販売や
地域の食べ物や飲み物も販売。
テーブルについても、キョロキョロしてしまいます(^_^)


そんなヒラサワさんのランチは、
地域の野菜やハーブをふんだんに使ったもの。
なかでも、たっぷりの野菜を挟んだサンドイッチは
見た目の美しさ(萌え断♡)はもちろんですが
食べごたえもあって、とっても美味しい。
サンドの「いとう屋」さんのパンが、これまた美味…♡


店主の熊谷さんは野菜ソムリエの資格も持っています。
また、地域で生産されているハーブやエディブルフラワーなど
ひと皿をより美しく、楽しく演出アイデアの達人でもあります。
見てください、このひと皿。
お野菜って、本当にカラフルなんですねえ。

今回は、そんなお野菜使いの達人が
地域の新鮮な素材を使って、スープカップの中に
野菜なひと皿「タブレ」をつくってくださいます!

イノウエは見るのも食するのも初めての「タブレ」
どんな一品になるのか、とても楽しみです!

スペシャルランチ(1300円)は数に限りがあり
事前にご予約いただいたお客様を優先しております。
気になる方、お早めのお電話をどうぞ!


そんなスペシャルランチを食べながら見渡すのは
青々とした田んぼが広がる弥栄の大地。
この風景を見るだけでも、来る価値があると思います。
こころがすーっとするような、おおらかな世界。
この場所にカフェをつくろうと決めた
熊谷さんのセンスにはただただ感動してしまいます。

この場所で、みなさんとお会いできるのを
楽しみにしています!

次回は、トークのおはなしやワークショップのこと
マルシェについてなどもお知らせして参ります〜〜〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − six =

© 2015-2020 てとて. All rights reserved.