みのぼしがっっ。

みのぼしがっっ。

▼▼4月のオープンデイ(4/11〜4/12)2日間
春、めぐる。
お茶とお灸のじかん

4月11日(土曜)10:00〜16:00※時間予約は必要ありません
料金/各800円(お灸のみ、お茶のみ、両方体験は1500円)
★お茶のじかん 店主/「焙茶工房しゃおしゃん」前田千香子さん 
★お灸のじかん 店主/「ひろはりきゅう」ムラオカヒロコさん
*********************************************************
気仙茶つながりでのお話をひとつ。
2013年4月の、千香子さんのママゴト会をきっかけにつながった
福岡県福岡市で発行されているミニコミ紙「手の間」さん。
ふたたびお声がけをいただき、先日3月20日発行の第13号にて
記事を書かせていただきました。
その、13号の表紙がこれ。
tenoma3.jpeg
……わかります?写真の物体。
実はコレ、岩手のお漬物「赤かぶ漬け」と「みのぼしなんばん」。
今回、岩手の漬物やごはんなどについて書かせていただいたのですが、
表紙の写真にも採用していただいたのです。
赤かぶ漬けはともかく
みのぼしなんばんは、岩手でもかなりマイナーな漬け物(だと思うが)。
それが岩手からはるーか遠い九州・福岡まで送られ、
雑誌の表紙を飾ることになるとは…。 (遠い目)
みのぼしなんばんの気持ちを代弁すると
「感無量」という感じでしょうか。
さらに今回、手の間さんの御好意にて、
こんな企画も行っていただくことになりました!
tenoma4.jpeg
「てとて」と「手の間」 北と南の小さな交流展
2015年6月13日(土曜)〜19日(金曜) 会場/手の間(福岡市)
震災後、手の間さんが継続して行っている「東北にエールを!」企画。
その第4弾として、東北記録映画三部作 第一部「なみのおと」上映会に
併催して、「てとて」で取り扱っている器や道具などが
九州の手の間ギャラリーに並びます。わお!
てとては5月でクローズいたしますが、
6月には九州で、みなさんのお目にかかれるという光栄。
ありがたや〜〜ありがたや〜〜〜。
九州のみなさま、どうぞよろしくお願いいたします。
なお「手の間」13号は、
4月のオープンデイでも並んでおります。
ぜひ手に取ってくださいね。読み応えたっぷりの一冊です。
【イノウエ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × one =

© 2015-2020 てとて. All rights reserved.