お茶のじかん。

お茶のじかん。

▼▼4月のオープンデイ(4/11〜4/12)2日間
春、めぐる。
お茶とお灸のじかん

4月11日(土曜)10:00〜16:00※時間予約は必要ありません
料金/各800円(お灸のみ、お茶のみ、両方体験は1500円)
★お茶のじかん 店主/「焙茶工房しゃおしゃん」前田千香子さん 
★お灸のじかん 店主/「ひろはりきゅう」ムラオカヒロコさん
*********************************************************
新年度。
去りゆく人、来る人、いろいろな思いの巡る春ですね。
そんな季節に思いを馳せ、
4月のママゴト会は「巡る」をテーマに行いますよ。
てとてでは、すっかりお世話になっている
雫石町「焙茶工房しゃおしゃん」の前田千香子さん。
昨年の7月に続き、お茶会を開いていただけることになりました。
千香子さんの、最初のお茶会は2013年4月のこと。
震災で大きな被害を受けた気仙茶のお話を聞き、
震災前に作っていたお茶を頂くという贅沢な時間を楽しみました。
2回目は、その年の9月
震災から3年ぶりに製茶が行われることになった気仙茶の
新茶を内陸で味わうという、これまたスペシャルな時間でした。
そして昨年7月(↑)のママゴト会では
雨の中茶葉を摘んでいただき(鬼)、盛岡で手もみ茶を作る(極道)
という、前代未聞の内容でした。
千香子さんのお人柄につけこんで、なんとまあ悪徳な主宰でしょうか…
最後となる4回目は、ただただのんびりと
千香子さんとお話ししながらお茶を楽しんでもらうという趣向です。

これって多分、「しゃおしゃん」が市内材木町にあった時のスタイル。
好きな時に行って、その時に入れていただいたお茶を楽しむ。
イノウエもたまにお邪魔させていただいておりましたが、
いつ訪れても誰かがお茶を飲んでいて、千香子さんの笑顔がありました。
あんな雰囲気が生まれたらいいな。
当日は、お灸の「ひろはりきゅう」さんと同時開催。
ですから、
お茶を飲んでからお灸を体験するもよし、
お灸を試してからお茶を飲んでほっこりするもよし。
お茶もお灸も、身体の気や血の巡りをよくするといわれています。
新年度の慌ただしさの中にいるときは夢中ですけど、
ふとした時に疲れを感じるのが春。
冬を越えた身体は、思いのほか疲れていますからね。
kesentya3.jpg
10時から、千香子さんとヒロコさんのお店は開きます。
リセットとリフレッシュをしに
どうぞ11日は「てとて」においで下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − nine =

© 2015-2020 てとて. All rights reserved.