気仙茶ざんまいの1日でした

気仙茶ざんまいの1日でした

 てとて甘もの担当・福猫堂です。
 すっかり遅くなりましたが、
 気仙茶の会に参加していただいた皆様、
 見学に来ていただいた方々、ほんとうにありがとうございました。
 暑い中お疲れさまでした〜。
 DSC00136_convert_20140731103302.jpg
 見学に来ていただいたのは女性おふたり。
 しっかりメモを取って、ワークショップの様子をご覧になっていました。

 
 お茶の葉も、てとてのアトリエもなかなかの蒸し加減(笑)
 そんな中、摘んだばかりのお茶の葉の香り、
 手もみをしながら変化していく感触、
 そして、それぞれの方法で焙煎したお茶の風味が
 こんなにも違うのか!という驚き。
 ほんとうに、豊かな時間だったなぁと思います。
 DSC00139_convert_20140731133949.jpg
 ここだけ見ると「料理教室?」ですが、フライパンでも焙煎ができるのか!
 と目からウロコ。見学の方も「家に帰ってさっそく実験してみます!」と
 おっしゃってました。


 私も、はじめてお茶の葉をもんでみましたが、
 ほほう、なるほど粘りが出て手がすべすべする…。
 手もみを終えて、手を洗っても、なんだかしっとり感が続いた気がします。
 
 ワークショップが楽しいのは、共通の趣味や興味で集まる人同士、
 初めて会っても気軽に話したり、笑い合えたりすること。
 この日も、話し上手の前田さんを通し、
 みんなが協力し合ってお茶づくりをして、
 ちょっとしたことに笑ったり、感心したりしながら、
 まるで何年も友達だったように、一緒にお茶を味わう。
 そばで見ていて、なんとなくうらやましくなるような1日でした。
 ところで、今回のお茶菓子は、
 冷や冷や真っ黒(というよりグレー)の「ごまプリン」を提供。
 gomapudding9_convert_20140717141015.jpg
 午後の部に参加してくれた小学生男子・Kくんが、
 ひと口食べて「おいしっ!」と言ってくれたのも、うれしかったなぁ〜〜^^
 (ぜったい「ブキミ」とか言われるんじゃ…とドキドキしてたもんで)
 てとてに足を運ぶと、知らない人同士でも気楽に笑い合い、
 ゆっくりと他愛ないないおしゃべりができる。
 ずっと、そんな雰囲気の場所でありたいな、と思います。
 【おかしや福猫堂】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 − 5 =

© 2015-2020 てとて. All rights reserved.