気仙茶、もみました。4

気仙茶、もみました。4

午後の部です。
こちらでは、みなさんで気仙茶をいただいたあと
お茶の葉を煮ることからはじめました。
kesentya36.jpg
フライパンでクツクツ煮える茶葉。
この光景自体、ありえない光景です。
そこでみなさん、撮影大会。待ち受けに…はしないか(笑
kesentya38.jpg
お湯からあげたらあら熱をとって、揉んでいきます。
遠慮市しないで、結構強い力でギュッギュッと。
こうすることで茶葉の細胞壁が壊れ、余分な苦味などの成分が
外に出てきます。
kesentya39.jpg
一方、こちらは「釜炒り」チーム。
お母さんと一緒に参加してくれたKくんは小学6年生。
夏休みの研究テーマで「気仙茶」を取り上げるのだそうです。
kesentya40.jpg
ギュッギュッと揉んでいるうちに茶葉に変化が。
手の中でネットリというか、ベタベタしてくるんだそうです。
これが出て来ることで、茶葉がお茶に変化していきます。
手の中で変化していくお茶。不思議な体験ですね。
kesentya41.jpg
午後の部も、無事にお茶が完成!
しっかりとした縒り。これを「龍」の形というそうです。
【またまたまた、つづく】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten − 3 =

© 2015-2020 てとて. All rights reserved.