気仙茶、もみました。3

気仙茶、もみました。3

釜炒りチームも煮るチームも
発酵を止める「火入れ」を行ったあとは
熱したフライパンに茶葉を戻して、水分を飛ばして
紙にあけて揉む、という作業を繰り返します。
kesentya30.jpg
大きな葉、茎の部分。均質な仕上がりには
なかなかなりません。根気よく、繰り返します。
Sちゃんも揉み揉みしましたが、これが思いのほか上手。
kesentya31.jpg
根気よく揉みを続けて、
ついに「お茶」が完成しました!
フライパンに軽く1杯もあった生の茶葉ですが
実際に出来たお茶は10グラムもありません。
でも生葉と比べてみるとほら、りっぱな縒りが入ってます。
香りも若々しい緑茶。すごいなー。
kesentya32.jpg
そして、ついにみんなで作ったお茶の試飲。
ガラスの急須の中で、ゆっくり、ゆっくり広がっていく茶葉。
淡い緑色に変化していくお湯を見ているだけで
しあわせ〜な気分になります。
kesentya33.jpg
一煎目を入れて、千香子さんが
香りと味をききます。
私もいただきましたが、
釜炒りのお茶の一煎目の鮮烈な香りと味はびっくり。
対して、煮たお茶はやさしく、味の余韻が長い感じでした。
kesentya42.jpg
そして最後は、ジャンケン大会。
ほんの少しずつですが、みんなで作ったお茶をお持ち帰り
いただきました。味の変化、お楽しみいただけたかな。
どうぞ、その後のご感想をお聞かせください。
次回は、午後の部の様子をお届けいたします。
【またまた、つづく】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × three =

© 2015-2020 てとて. All rights reserved.