気仙茶、もみました。2

気仙茶、もみました。2

さて、茶葉の手もみ。
まずは発酵を止めるための「火入れ」です。
kesentya25.jpg
使用したのはテフロンのフライパン。
カンカンに熱したところに生葉をザッといれます。
強火は鉄則ですが、焼けないよう注意深く。
kesentya26.jpg
熱したら紙の上に開けて熱を飛ばしながら
すぐにギュッギュッと揉んでいきます。
千香子さん、結構強く、揉んでおりました。
今回、火入れの方法として
「釜炒り」…フライパンに直接入れて熱するもの と、
「煮る」…熱湯で茶葉を煮て発酵を止めるもの
のふたつを体験いたしました。
お茶の葉を煮るというのは、気仙では家庭で行われてきた
方法のようですが、ちょっとびっくりです。
kesentya27.jpg
体験も、2班に分かれて。
こちらは「釜炒り」チーム。ギュッギュッと揉みます。
kesentya28.jpg
こちらは「煮る」チーム。
熱湯で煮上げた(まさに煮上げたんです!)茶葉を
紙の上に広げ、すばやくあら熱を飛ばします。
広げる方とうちわであおぐ方、初めてとは思えないチームプレー。
kesentya29.jpg
あら熱をとった煮たお茶の葉。
みなさん「かつお節と醤油をかけて食べられそう〜」と(笑
それでも煮ている間の香りは、間違いなく「お茶」でした。
【まだ、つづく】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

10 + two =

© 2015-2022 てとて. All rights reserved.