秋のモノモノ、1。

秋のモノモノ、1。

前回のオープンデイで、じっくりご紹介できなかったもの。
mukuo12.jpg
こちらは、おなじみ「やきもの工房立」こと
宮城の椋尾さんから届いたミルクピッチャーと極小皿。
椋尾さんといえば、私の中では「織部の人」でもあるのですが、
織部とともに入ってきたのが、この黄瀬戸シリーズ。
黄瀬戸もまた伝統的な釉薬のひとつではありますが、
椋尾さんの手にかかると、なんだかヨーロッパの民陶のような。
ほどよい透け感も、軽やかでよいのです。
極小皿も黄瀬戸と織部、2色揃っております。悩むよ〜^^
mukuo13.jpg
蜜蝋の燭台も、ひさびさに入ってきました。
持ち手に使われている流木が、なかなか揃えられなかったそうです。
しかもこれ、椋尾さんが1本1本磨いているんですよ!
そして、この流木バージョンも、今回の入荷で最後になりそう。
次回作るとしたら、木部だけを別発注して作るとのこと。
ラストチャンスをお見逃しなく。
*****************************************************************
10月のオープンデイは、今のところ
26日(土曜)と27日(日曜)の2日間の予定です。
手仕事市は両日とも10時〜16時。
ぜひお気に入りの道具を、探しにいらしてくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 + thirteen =

© 2015-2020 てとて. All rights reserved.