猫とマタタビと。

猫とマタタビと。

マタタビのザルを並べたその日のこと。
(以下、ちょと写真多くて長めです)
neko1.jpg
う〜ん白肌が美しいねえ…。
なんて、悦に入っていたらば。
neko2.jpg
「こんちわ〜。
なんか、新入荷あったって聞いたんすケド〜」。
…おい。
neko3.jpg
「お、これスカ?マタタビのザルっつうのは。
あいや〜、いい香りがしますね〜」。
おいおい。
neko4.jpg
「ほおお〜。四つ目ザルもあるんスカ。
そばザルっつうのもよさげでございますなあ」。
おいおいおい。
neko5.jpg
「へええ〜うつわも、いろいろあるんスねえ」。
おいおいおいおい。
neko6.jpg
「どれどれ、ちょっと休ませてもらいますよ。
は〜畳ってのはひんやりして気持ちがいいもんだねえ。
あ、お茶はいりませんよお茶は」。
おいっ!
neko7.jpg
「おっ、いい遊び道具があるじゃないですか。
(ガチャポンの入れ物を発見)
すいません、これはいくらなんスか?」。
neko8.jpg
「は〜面白かった。
しかし、今日はあんまりお客さんが来ませんなあ〜。
じゃオイラ、ここで店番してますかね」。
マタタビの香りに誘われたのか、単に遊びたいだけだったのか…。
ご近所さんのにゃんこなのですが、
コイツは「招き猫」かもしれないと思った、夏の午後でした。
【猫バカ イノウエ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + eighteen =

© 2015-2018 てとて. All rights reserved.