梅味噌リポート2。

梅味噌リポート2。

今回の梅味噌のスゴいところは、完成したらすぐに食べられること。
かき混ぜることおよそ20分(くらいだったかと)、
つやつやの梅味噌が完成しました!
umesigoto05.jpg
さっそくの試食。
今回は、お野菜市に参加してくれている
山口農園さんの朝採りきゅうりにつけていただきます。
そのままの「味噌きゅうり」もそりゃあもうおいしいのですが、
梅の爽やかさと、てんさい糖の甘さが加わった味噌ときたら、もうもう…
umesigoto06.jpg
手が止まりません。
きゅうりもね、甘みがあってシャキシャキなんです。
(Eさん、アップの写真がとてもよかったので
使わせていただきました。すみません!)
umesigoto07.jpg
これだけでもお腹いっぱいなのに、
ちえさんから、さらにもう一品。
梅味噌に少しのお酢を加えて、たたきキュウリとタコぶつに
絡めたもの。上に大葉を散らせば、もう完全なる「おかず」です!
これもホントーに美味しかったああああ。
umesigoto08.jpg
梅味噌の大いなる可能性を感じながら、
ママゴト会(ワークショップ)は終了いたしました。
帰りは、多くの方が山口農園さんのきゅうりを買い求めていったことは
当然といえば当然でしょうか(笑
今回は、ジャンケンでてとてのスタッフに勝てば、
さらに1本きゅうりをプレゼント!の「ジャンケンきゅうり」も行いました。
私などは負ける気満々でジャンケンに臨んでいたのですが、
こういう時に限って、負け知らずな私(大汗
この勢いで、サマージャンボを買えばよかったかもしれません。
お土産の梅味噌と、この日の夜はみなさんがご自宅で
ふたたび梅味噌を楽しんだのではないでしょうか。
熟した梅でもおいしく出来ますから、
ぜひ、梅の季節のうちに作ってみてくださいね〜!
お次は、冷えとり研究所のようすですよ〜^^
【イノウエ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 − three =

© 2015-2018 てとて. All rights reserved.