【開催レポ】miniダーニング会in雫石

【開催レポ】miniダーニング会in雫石

先日、思い立って青森県へ。
八戸から弘前へ、ぐるりとまわりました。
いろいろ、見たいものや行きたい場所もあったわけで
そのひとつが、弘前城の桜。
桜は散りはじめでしたが、おかげで
お城をぐるりと囲むお堀の花筏を堪能できました。
散ってなお見るものを魅了するなんて、桜はやっぱり格別ね。

さて。

この間に、じつは「ダーニングキャラバン」の第二弾を
開催しておりました。会場は雫石町、
ファンの多い自家焙煎珈琲店「風光舎」さんです。
完全予約制、夕方からの少人数のダーニング会でしたが、
会場の雰囲気とも相まって、素晴らしい時間を過ごせたようです。
(てとては、今回はお邪魔しませんでした)

田葉子屋さんから、写真と当日の様子が届いたので
ご紹介いたします。

——————

風光舎のMさんのお声がけで実現したダーニング会。
Mさんに加え、田葉子屋さんもワークショップに参加。


田葉子屋さん「風光舎さんの心地よい静かな空間で、
じっくり、あっという間のダーニング会でした」


田葉子屋さん
「参加された皆様は何をダーニングしに持ってきたのか?
というのはダーニング会のひとつの楽しみでもありますね」


今回の参加さんは、
・大切にされている5本指の靴下!
・旦那様のセーターなんと旦那様自身でもお直しをご自分でされてたようです!他の部分を奥様が続けてダーニングされていました
・踵に大きく穴の開いた靴下これは布をあててのダーニングになりました


田葉子屋さんは、シミをつけてしまったセーターを持参。
「穴の補修だけでなく、シミを隠すのにもダーニングは良いです♪」
ううむ、なるほどね〜〜〜!

せっちゃん先生はいつも通り和やかな雰囲気。
穴の大きさ、素材に合わせたダーニングの仕方を
提案してくれる安心感。


田葉子屋さん「やはりみんなで手を動かす時間って、
とても楽しいですね。
なんか、やっぱり手芸って、
お茶飲みって、いいな~と思いました。


またここでやりたいね!
というお声もあったそう。

美味しい珈琲を飲みながら、格別の時間を過ごした
今回のダーニングキャラバン。
次はどこで開催されるか…どうぞお楽しみに!

 

© 2015-2021 てとて. All rights reserved.