民藝展 at 日本橋高島屋。

民藝展 at 日本橋高島屋。

はてさて。26日と27日の「八月の小さな手仕事展」。
お越しくださったみなさま、ほんとうにありがとうございます!
おなじみのお客さまとはあれこれ楽しくお話しをし、
初めてのお客さまからは耳寄り情報を伺い、
おいしいジュースやお菓子の差し入れもたくさん頂戴しました。
一人でやっていたので、いたらぬ点を数え上げたらキリもありません。
でもみなさんのお話と笑顔で、なんとか2日間無事に終わりました。
酷く暑かった2日間、わざわざこの小さな空間にお運びいただき、
本当にありがとうございました!
品物もだいぶ旅立っていき、うれしい反面、寂しいワタシ…
いやいや!スペースが空いた分、新しい品物を置くことができるというもの。
ちょうどオープン中には、小久慈焼さんからお電話をいただき、
また新しい作品をお届けいただけそうです。うれし〜い!
そんな小久慈焼さんは、現在、東京に出張中。
日本橋高島屋で開催中の「用と美のこころー民藝展」にご出展しているのです。
この催しが最初に開催されたのは、なんと昭和9年。
まさに民藝の父・柳宗悦が精力的に活動していた時代です。
それから70余年…満を持しての開催ともいえそうな今展。しかも今回は
バーナード・リーチ展との併催なんですって!
reach1-1.jpg
こちらはリーチ展のリーフ。
よだれもののスリップウェア…うひ〜〜行きたいっっ!!
会期は9月10日まで。期間中は小久慈焼さんも
在廊しているとのこと。
この期間に東京ご訪問のご予定がある方、
ぜひ日本橋高島屋へ足をお運びくださいませ。
【いのうえ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × five =

© 2015-2017 てとて. All rights reserved.